暑さを味方につけて、自家製ヨーグルトを作る。【季節の手仕事#2】

ライフスタイル
Processed with VSCO with c1 preset
スポンサーリンク

こんにちは。ナミです。

梅雨入りしてすっかり蒸し暑くなりました。
せっかくならこの暑さを利用して何か作りたいなと思ったので、自家製ヨーグルトを作ってみました。
ヨーグルトメーカーがなくても、常温でほったらかしにしておくだけで簡単にできます。

 

【2022年上半期】買ってよかったモノたち5選。
見ている世界を美しく変えたい。
【レビュー】台湾発の生理用吸水ショーツ、ムーンパンツを使ってみた!
【6畳一人暮らし】専用アイテムを使った横置きカラーボックスの収納アイデア。
【6畳一人暮らし】ハンガーラックでおしゃれにすっきり見せる収納アイデア。

スポンサーリンク

材料

用意するものは、

・カスピ海ヨーグルトの種菌 一包
・新鮮な牛乳 500ml

これだけです。

自家製ヨーグルト作りは、種菌を使う方法とヨーグルトを使う方法があります。
今回は、フジッコのカスピ海ヨーグルトの種菌を使って作りました。

ヨーグルトを使う方法は、後ほど紹介します。

カスピ海ヨーグルトは、20~30℃で発酵します。
だから、今の時期は常温で放置しておけば完成。
ヨーグルトメーカーも必要ありません。
牛乳は、未開封の新鮮なものを使います。

そのほかに、

・保存用の容器(蓋付き)
・アルコールスプレー

を用意します。
使用するスプーンや計量カップは、消毒してから使いましょう。

スポンサーリンク

種菌を使ったヨーグルトの作り方

まず、アルコールで消毒した保存容器に牛乳500mlを加えます。

そこに、種菌を投入。
消毒したスプーンでよくかき混ぜます。

あとは常温で放置するだけ。
とっても簡単です。

今の時期なら1日あれば固まります。
保存期間は1週間ほど。
こんなかんじで完成です。

ドライフルーツと一緒に頂きました。
ねっとりした酸味の少ないヨーグルトって感じ。
売ってるのと変わりない美味しさです。

ヨーグルトからヨーグルトを作る

作ったヨーグルトを種ヨーグルトとして取っておけば、何度もヨーグルトが作れます。
種ヨーグルトは、市販のヨーグルトでも大丈夫。

作り方は、種菌の場合とほぼ同じ。

消毒した保存容器に種ヨーグルトを加え、そこに新鮮な牛乳を注ぎます。
種ヨーグルトと牛乳は1:10の割合で加えるのがベストらしいです。
種ヨーグルト50gに対し、牛乳は500ml。

消毒したスプーンでよくかき混ぜたら、あとは常温で放置するだけ。

一日でしっかり固まっていました。

3ヶ月くらいは作り続けられるそうです。
夏は月1で交換したほうがいいかも。
種ヨーグルトは冷凍保存で1か月ほどもつそうなので、すぐ消費できない人は冷凍保存がおすすめです。

スポンサーリンク

自家製ヨーグルト作り、とっても簡単なのでおすすめです。
このヨーグルトを使って、今度はカルピスを作ってみようかと画策中です。
暑さに文句を言っているだけじゃ悔しいので、暑さを味方につけて美味しくいただきましょう!笑

 

【返品・サイズ交換無料】ZARAオンライン返品・交換方法を徹底解説!
初めて使う人向け!ZARAオンラインでの買い方ショッピングガイド【注文方法・送料・注意点など】
完全匿名配送!個人情報や住所を教えずに荷物を送る・受け取る方法。
ズボラ女子の靴下収納アイデア。最適解は吊下げ収納だった…!
【購入方法も解説】海外通販「DESENIO」でポスターを購入してみた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました