【2021年6月】今月観た映画まとめ

新しい世界を見に行こう
スポンサーリンク

こんにちは。ナミです。

毎月、その月に観た映画を備忘録として残しています。
今月も素敵な作品に出会うことができました。

プライムビデオで観られる作品ばかりなので、作品選びの参考にしてみてください。

 

【2022年上半期】買ってよかったモノたち5選。
見ている世界を美しく変えたい。
【レビュー】台湾発の生理用吸水ショーツ、ムーンパンツを使ってみた!
【6畳一人暮らし】専用アイテムを使った横置きカラーボックスの収納アイデア。
【6畳一人暮らし】ハンガーラックでおしゃれにすっきり見せる収納アイデア。

スポンサーリンク

リトル・フォレスト 春夏秋冬

こちらは、先月紹介した「リトル・フォレスト 夏秋/冬春」の韓国版。
日本版が個人的にすごく好きな作品だったので、韓国版も観てみました。

あらすじは、過去に失踪した母親を持つ主人公ヘウォンが教員採用試験に失敗して故郷に逃げてくるところからスタート。
日本版と同様に、その土地で採れた食材使った料理たちが人々の心を繋いでいく物語です。

日本版と違って一本で春夏秋冬全ての季節が描かれるからか、人間関係の描写はやや少なめ。
でも、韓国の家庭料理を映像で楽しめるのは、観ていて面白かったです。
家で作ってみたいなと思う料理もありました。

海外旅行ができない今、海外の雰囲気を感じたい人にもおすすめの作品です。

スポンサーリンク

しあわせのパン

わたしがすごく好きだなあと思った作品。
ヒューマンドラマが好きな人、特に後で紹介する「かもめ食堂」が好きな方にはおすすめしたい作品です。

北海道の湖の畔で宿付きのカフェを営む水縞くんとりえさん。
そこに訪れる季節ごとのお客さんをパンとコーヒーでもてなし、彼らの抱えている悩みを癒していくオムニバス形式の映画です。

特別大きな出来事が起こるわけでもなく、ゆっくりと物語が進んでいくので、好き嫌いは分かれそう。
でも、水縞夫妻の誰かに寄り添う姿勢や心に残る時間を作る生き方が、とても豊かに見えました。
社会の役に立つことをしたり偉業を成し遂げることも素敵だけど、自分が思い描く生き方をすることで誰かの人生に影響を与えたり、記憶に残る時間を提供する生き方もいいなと思いました。

わたしも観始めは少し抵抗感を持って観ていたのですが、物語が終わる頃にはすっかり作品の虜になっていました。
わたしの理想の生き方が詰まった、大切な作品です。

スポンサーリンク

僕らは奇跡でできている

こちらはテレビドラマ作品で、1話1時間全10話構成です。

大学で動物行動学の講師をしている相川一輝は、自分が気になることに没頭するあまり、授業に遅刻したり周りを困らせたりする変わり者。
でも、一輝の変わり者ならではの視点や言動が、周りの人たちの常識や固定概念を崩していき、彼らの生き方に影響を与えていく物語です。

人ってつい周りと比べてしまったりっていうことがありますよね。
わたしも、周りの目を気にしたり、おかしいと思われないようにしようと思ってしまうタイプです。
でも、そういう考え方には気付かないうちに根拠のない常識や固定観念がかかわっていたりして。
知らず知らずのうちに、そういうものに縛られていたりというのはよくあることだと思います。

主人公の一輝は、小さい頃から落ち着きがなかったり周りと同じようにできなかったり、いわゆる発達障害があるタイプの人だと思います。
でも、人と違う感性をもっているからこそ見える世界があって、それが羨ましいほど素敵に見えました。

ついつい人と比べてしまったり、「普通」とか「常識」という言葉に縛られがちな人には、すごくパワーを与えてくれる作品だと思います。

スポンサーリンク

かもめ食堂

最後に紹介するのは、かの有名な「かもめ食堂」。

主人公は、フィンランドで「かもめ食堂」という日本食の食堂を営んでいるサチエ。
はじめは全くお客さんの入らないお店でしたが、ミドリやマサコという日本人女性との出会いや現地のフィンランド人との交流を経て、人気店になっていくまでの物語です。

このお話は、お客さんが全く来ないところから繫盛店になるまでのサクセスストーリーではなく、サチエがいろいろな人と交流しながらフィンランドでのんびり暮らす様を楽しむ作品。
だから、ストーリーの展開や面白さを求める人には退屈かもしれません。

でも、たまたま入った書店でミドリと出会ったり、たまたまシナモンロールを焼いていたらその匂いにつられてお客さんが入ってきたり。
偶然が重なってお客さんが増えたり、サチエの生活がより素敵なものになっていくさまが、観ていてじーんとしました。
多分、人生ってこういう偶然の連続で素敵なものになっていくんだろうなと思いました。

見慣れないヘルシンキの街並みが楽しめるのも見どころのひとつです。

そして、ところどころに出てくる名言の数々も魅力的でした。
マサコがかもめ食堂に来店したときのセリフ。

マサコ「やりたいことをやっているのね」
サチエ「やりたくないことをやらないだけです」

日本に住んでいると考えられないようなセリフ。
サチエの人柄が表れているし、環境が変わればそういう生き方も良しとされるんだなあと思いました。

定期的に観てしまいそうな予感がします。笑

スポンサーリンク

以上、6月に観た4作品を紹介しました。
すべてプライムビデオで視聴できますので、気になる作品があればぜひ観てみてください。
(一部、追加購入が必要な作品もあります。)
わたしも利用しているプライムビデオの入会はこちら

皆さんが今月出会ったお気に入りの作品は何ですか?
ぜひ、コメントで教えてください。

来月も素敵な作品に出会えますように。

「趣味は映画鑑賞」と言いたい。
こんにちは。ナミです。先月からアマゾンプライムに入会し、家で映画を見るようになりました。今まで映画には...
【美術館備忘録#8】アーティゾン美術館の『STEPS AHEAD』に行ってきました。
こんにちは。ナミです。緊急事態宣言発令前に、アーティゾン美術館で開催中(現在休館中、5月15日より開館予定)の...

 

【返品・サイズ交換無料】ZARAオンライン返品・交換方法を徹底解説!
初めて使う人向け!ZARAオンラインでの買い方ショッピングガイド【注文方法・送料・注意点など】
完全匿名配送!個人情報や住所を教えずに荷物を送る・受け取る方法。
ズボラ女子の靴下収納アイデア。最適解は吊下げ収納だった…!
【購入方法も解説】海外通販「DESENIO」でポスターを購入してみた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました